以前働いていた職場の社長の借金

私は以前、地方の教育系の会社に勤めていました。私が入社する数か月前にできたばかりで、私がそこの代表の次の2人目の社員でした。最初は経営も非常に上手くいっており社長の人柄も良かったのですが次第にアルバイトスタッフとの金銭的なトラブルが目立つようになりました。
続きを読む 以前働いていた職場の社長の借金

薄毛・ハゲ予防に効く!?頭皮マッサージ

薄毛やハゲの原因として、遺伝や男性ホルモン、頭皮の油、ストレス、不規則な生活習慣などが挙げられていますが、さまざまな要素が重なって薄毛やハゲを招いているみたいです。そのため、目移りして仕方ないほどの育毛シャンプーや育毛剤が量販店やドラッグストアはもちろん、ネット上でも販売されていますが、中には高価な品も目立ちます。

高価な育毛剤やシャンプーが確実に効果があるのなら、髪のために投資する価値はありますが、どれも100%確実と言える商品はないのが現実です。そこでここでは、確たる原因がまだつかめていない薄毛やハゲの予防に役立つ頭皮のツボについて少しだけ紹介します。ぜひ参考にしてください。

①風池(ふうち)
薄毛や抜け毛の原因のひとつが、頭皮の血行が悪くなることです。そこで、首から頭にかけて血流を促す「風池」というツボを少し強めに押してみましょう。風池は、頭蓋骨の下、後ろ髪の生えぎわにあるくぼみです。それよりさらに指1本分外側を押さえることがポイントです。
指の腹を使ってやや強めに力を加えていくことで、頭部への血流を改善させることができます。程度としては、痛気持ちいいくらいの強さで押してください。

②百会(ひゃくえ)
百会も頭皮の血行を促進させる大切なツボです。ちょうど頭のてっぺんにあり、頭頂部で両耳を結んだ線と、顔の左右の中心線が交差する位置にあります。
指でこまめに押したり、ツマ楊枝を10本~15本ほど輪ゴムで束ねたもので押しても効果があります。ほかにもこめかみ辺りを指の腹で押しても血流促進を促します。

ザスカルプ5.0cの効果

脱毛サロン選びの注意点

いま、全国各地にさまざまな脱毛サロンがあります。

大々的に宣伝を繰り返し、知名度の高いサロンがあれば、一方で宣伝らしい宣伝はしていないけど口コミや紹介で人気店となり、なかなか予約が取りにくいサロンもあります。

脱毛の料金、評判や口コミ、脱毛の技術と効果、サロン内の雰囲気や清潔度、カウンセラーやエステテシャンの応対などなど…。これらをネットで調べたり、友人や知人の口コミなどからリサーチしてから、どこのサロンで脱毛施術を受けるのか決めたいものです。
また、いろいろな勧誘をしてくるサロンに行ってしまうと予算がオーバーしたり、ストレスになったりするのでくれぐれも注意が必要です。

他にも、サロン毎のキャンペーンや施術コースなども忘れずにチェックしたいところです。脱毛は、決して安価なものではないし、お肌への負担もかかるものです。料金はもちろん、技術的な精度なども総合的に考えて、後悔のない脱毛サロン選びをしたいものです。

博多駅前で脱毛サロン予約

こんな不倫は悲しすぎる

5年来の友だちのA子は、36歳になるOL。えくぼが可愛くて、どこから見ても20代後半にしか見えない清楚な女性です。同性の私にはうらやましい限りなんだけど、先日「聞いてほしい話があるの…」と居酒屋で飲みました。

「実は、25歳の時から不倫を続けていた彼と別れたの。彼の子どもを2度ほど宿して、2度とも中絶してしまった。一時は、奥さんと別れて私といっしょになるって言ってくれたけど、もう10年になるのに離婚なんてしてくれなかった。このまま不倫の関係を続けていても年を取るばかりだし、本当に不倫を清算したの。彼のことは今も好きだけどね…」と辛そうに告白しました。

私が驚いたのは、彼氏の不実さでした。2回も彼女を妊娠させ、2回とも堕胎させて罪の意識はなかったのでしょうか。きっとA子はシングルマザーになったとしても、彼の子を産みたかったんだと思います。

不倫は好ましい関係ではないけれど、好きになった男性に家庭があったというのはめずらしいことではないし、本当に彼氏が彼女のことを愛しているのなら離婚してくれたたはず。結局は、A子は彼氏にとって都合のいい女だったのかしら…。

彼の子を妊娠までしたのに。こんな不倫は悲しすぎる。A子に、一日も早く新しい恋が見つかりますように!

夫の浮気@裁判でも勝てる証拠を掴む方法

エコノミークラス症候群

直下型地震の被害を受けた熊本では、被災者の中には車中泊を続けている人も多いみたいですが、熊本市の済生会熊本病院で、50代と60代の女性3人が肺塞栓(そくせん)症(エコノミークラス症候群)と診断され、意識不明の重体で入院していることがわかりました。

エコノミークラス症候群は、長時間にわたって同じ姿勢を続けることで血液中に血栓ができ、呼吸困難などになるもので、狭い車内であまり動かず避難生活を続けていたことが原因だとされました。
済生会熊本病院では「運動、水分補給、トイレに行くことが予防につながる」と対策を呼びかけていますが、現地では水の供給が追いついていないということで、物資の供給方法などの改善が叫ばれています。

熊本では家を失った人も多く、避難生活の長期化が懸念されていますが、仮設住宅の建設や九州各県内の公営住宅の無償貸与が検討されているようです。車中泊の連続はエコノミークラス症候群だけでなく、心身に大きなストレスを与えます。とにかく余震が一日も終息することを願うのみです。

文京区で浮気調査