浪費癖が原因で多重債務に陥ってしまった

私はショッピングや旅行が好きで、手取り18万円の給料から生活費を引いて、残りはすべてショッピングと旅行の費用に充てていました。

社会人1年目からそんなお金の使い方をしていたので常にお金がない状態だったのですが、それでも浪費癖を改善しようとはしませんでした。そして、ついには生活費にまで手を出すようになり、このままだと家賃も払えなくなるという状況に陥ってしまったのです。

ここでしっかり生活を改めれば良かったのですが、その時の私はとにかくお金を調達しなければとそれだけを考えていました。
そこで手を出したのがオリックス銀行のカードローンです。審査が通るか不安はありましたが、なんとか50万円のカードローンを組む事ができました。この時は、これで少しは余裕を持ってお金が使えるという風にしか捉えていませんでした。

そんな甘い考えをしていたせいで、カードローンのお金も買い物や旅行に使うようになり結局わずか1年程で使い果たしてしまったのです。更にはキャッシング枠20万円のJCBカードと、10万円のオリコカードを作って返済と生活費に充てるようになりました。

それでも自分自身を改めようとはせず、最後にはアコムで20万円の融資を受けてしまったのです。

ここまできてようやく事の大きさに気が付きましたが、借金は100万円にもなりショッピング枠も入れると150万円になっていました。
当時23歳の私でしたがこの経験で借金の重さや返済の苦しさを思い知りましたし、自分の管理の甘さに後悔もしています。その後クレジットカードも使うのをやめ、自分自身をしっかり見直していこうと固く決心しました。